忍者ブログ
MENU
>1>>2>>3>>4>>5>>6>>7>
---------------------------------------------------------
こんにちは、ライフ盛岡スタッフです。
今回はFDメンバー(障がい者)が書いてくれた記事を投稿します。
------------------------------------------------------------
こんにちは、盛岡のメンバーです。
臥薪嘗胆(がしんしょうたん)
これは、中国の故事で、由来は、古代の中国で現代風に言えば「リベンジ」に燃えた者たちが、薪(たきぎ)の上に寝たり、苦い肝を舐めたりして、それぞれ、受けた恥を思い出し、ついに、それぞれがリベンジを果たしたことに因み、「目的を遂げる為に、ひどい苦労を重ねる事」(一部国語辞典より抜粋)をこのようにいいます。
最近のニュースで、この言葉を思い出したのが、プロ野球で4半世紀ぶりにリーグ優勝を果たしたチームの事です。
かつて黄金時代を築いたチームですが、平成以降は時代の変化についていけなかったという側面もあり、長期低迷していました。私の友人などは、かつてこのチームのファンだと周りに話した時、「地味だね」と、一笑に付された経験があると言っていましたemoji
しかしそんな状況でも、このチームは「自前で選手を育てる」という基本姿勢を変えず、それを長い時間かけて結実させ、4半世紀ぶりの栄冠を手にしました。
これは、自身がファンでもない私としても、とても勇気をもらう出来事でした。何故なら私自身、もう長年に渡り「一般就労」から遠ざかり、そのせいか、一般就労へのモチベーションが少し、低下していると感じている時期だったからです。
中国の先人たちや、先日、優勝を果たしたチームと私を同じ土俵に上げるのもおこがましいですが、私も東京で病気のため当時の「夢」を諦めざるを得なくなってから、盛岡へ来て大変辛い思いもしましたし、人生を諦めた時期もありましたが、様々な人のおかげで自分の道を信じることが出来るようになり、今、リスタートを目指しています。
その根底にある「臥薪嘗胆」の思いを胸に、頑張っていこうと思いますemoji
PR
---------------------------------------------------------
こんにちは、ライフ盛岡スタッフです。
今回はFDメンバー(障がい者)が書いてくれた記事を投稿します。
------------------------------------------------------------
こんにちは、盛岡のメンバーです。
先日、またしても甚大な「天災」が起き、大きな悲しみが起こりました。
それが「台風10号」による一連の災害です。
多くの報道で伝えられている通り、今回は北海道と岩手県で特に大きな被害が出、一つの介護施設で多くの方が亡くなる悲劇もあったほか、停電・断水・孤立集落なども9日現在、解消とは至っていません。
私の住む盛岡は同じ県内でありながら申し訳ないくらい、被害がありませんでしたし、影響といえば8月30日、事業所が半日で終わった事くらいでしたが、だからこそ「自分には、何ができるだろうか」と考えます。
具体的な行動はまだ何も起こしていませんが、義援金を微額でも寄付したりすることはもちろん、何らかの形で各々の「想い」を形に出来れば、と思います。
そして「異常気象」が「異常」と言えなくなっているくらい、次々「天災」に見舞われています。台風も次々来る季節ですし、地震もいつ、また牙をむいてくるかわかりません。
本当に悲しい現状ですが、各々で「備え」を万全にしていきたい所です。
---------------------------------------------------------
こんにちは、ライフ盛岡スタッフです。
今回はFDメンバー(障がい者)が書いてくれた記事を投稿します。
------------------------------------------------------------
こんにちは、盛岡のメンバーです。
先日、業務を終え、ひと息ついてスマホをみたら、お世話になっている医療機関から着信が入っていましたemoji
出てみると、「その週の土曜日、看護職向けの研修会にその医療機関が協力するが、その時、その医療機関の当事者代表として出演して欲しい」というお話でしたemoji
私自身としては、土曜日は会社の行事または研修も捨てがたかったですが、ここは大恩あるその医療機関ですので、たまには報いねばと思い、そちらを選択致しました。
その数日前に診察がありましたので、その際に説明を受けましたが、ここで「オープンダイアローグ」について行う、という事を聞きましたemoji
この「オープンダイアローグ」とは、「開かれた対話」という意味であり、フィンランドで考案されたもののようです。
回答の予測や筋書きといったものより、「まだ口に出していなかった思いや言葉」といった「新しい可能性」を重視したものであり、治療チームとの共通理解になっていく事柄になるそうです。(一部資料抜粋)
そして本番。
私の入ったグループには旧知の看護師さんもいて、それなりにやりやすかったですが、まず、この対話の形式は、
「聞かれたことを無理ない範囲で、ありのまま答える」
という感じですので、質問には措定外のものもあり、戸惑う場面もありましたが、(例えば自分が精神疾患に罹患した時の様子を思い出して答えるものや、現在に至るまでの状態の悪い時の話をしなければならなかったり、ということに向き合いました)何とか一つ一つ、噛み砕いて話しました。
この過程には例えば、私には過去、病気と発達障害のせいか、すべてが上手く立ち行かなくなり、周りのものを蹴飛ばしていたような残念な過去がありますが、その辺はオブラードに言葉を包む工夫をするなど、配慮も必要だと感じました。
実際の現場では「全てをぶちまけて」しまった方がいいのかもしれませんし、私の話で皆さんが納得して下さったかは解りません。
しかし少なくとも私には、大いに勉強になりましたし、看護職の人々にも、何か感じるものがあったなら、これ以上の喜びはありません。
何事も勉強です。
これからも、前向きにいろいろなことを吸収していきたいですemoji
---------------------------------------------------------
こんにちは、ライフ盛岡スタッフです。
今回はFDメンバー(障がい者)が書いてくれた記事を投稿します。
------------------------------------------------------------
こんにちは、B型のメンバーです。
9月10日土曜日、事業所イベントでカラオケに行きましたemoji
私達の部屋では、「マラカス」「タンバリン」を借りてきて、懐かしい曲から今流行の曲やアニメソングなどが歌われました。
中でも松崎しげる「愛のメモリー」が盛り上がりましたemoji
また皆で行きたいですemoji
アイエスエフネットでは、上司が部下を積極的に褒め、努力を認める風土がございます。 「ほめーる」と称して集められた「部下を褒めるメール」は、毎週20件にも上り、週に1度、全体朝礼時に役員によって読み上げられ、全社員にもメールで周知されます。 内容は、「常駐先のお客様にお褒めの言葉をいただいた」「気遣い」「改善への取り組み」「資格取得」「トラブルフォロー」などの行動に対する感謝・励ましなどで、 部下の「良い行動」を見逃さず、きちんと言葉で伝える文化が根付いています。 その他にも、「気づき隊」と称する、結婚・出産等喜ばしいイベントがあったとき等に社長・役員からメッセージが届く仕組み等、社員への積極的にアプローチを推進する制度が多数ございます。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[06/12 ライフ盛岡@ササキ]
[06/10 さなゆぅ@ハーモニー中野]
[03/27 夕涼み]
[03/14 夕涼み]
[03/11 夕涼み]
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R

Copyright©アイエスエフネットライフ スタッフブログ:All rights reserved
Template Design by Rinmaru

忍者ブログ [PR]