忍者ブログ
MENU
>2279>>2278>>2277>>2272>>2271>>2270>>2269>>2267>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

---------------------------------------------------------
こんにちは、ライフ盛岡スタッフです。
今回はFDメンバー(障がい者)が書いてくれた記事を投稿します。
------------------------------------------------------------
こんにちは、ライフ盛岡メンバーです。
先日、関東の支援機関の行事に参加して、神奈川県の丹沢山系にある大山(おおやま)という、1200メートル級の山の登山に挑戦してきました。
本来は、富士山の麓から5合目まで登る計画があったのですが、台風7号の影響で大幅に予定が変更になり、神奈川の大山(おおやま)登山となりましたemoji
この大山という山、私は勉強不足で知らなかったのですが、江戸時代いやそれ以前より、人々の信仰を集めた名峰で、「東の伊勢」とも言われた場所だったそうです。
この日は、予定変更などの影響で前夜遅く神奈川県内の支援機関のある街に到着し、その支援機関の社員寮に泊めていただき、翌朝早く出発して大山に向かいました。
JRの最寄り駅で全員集合し、体操や自己紹介などを行なってからケーブルカーに乗り、まず、山頂を目指しました。
ケーブルカー乗り場などの道のりで早くもレトロな売店が並び、昔からの名残のようなものを大いに感じました。
そして隊列を組んで、一路頂上を目指しました。
登山中そのものについては、実はまんべんなく記憶があるわけではありません。
ずっと「自分の限界」に挑戦していたので、無理からぬことではありましたが、雨も降る中、急な岩場や雨でぬかるんだ道などを着実に登っていくのはかなり大変な事でした。
それでも登り切り、軽く朝食をとってから、危険度の少ない別ルートで下山を始めました。
この下山こそ厳しい道のりで、延々と道が続く上、下手にスピードを出すと危険が大きく、実際私も転んだり、重心に身体を持っていかれそうになったりしたので、慎重な下山が必要なのだなと感じました。
非常に苦しい登山でしたが、無事にゴールできた時の喜びは格別なものがありましたemoji
また、この登山を通して感じたことは、支援機関のスタッフによる適切なタイミングでの適切な声掛け」が凄い、と思いました。
登山に慣れない私も随分助けて頂きましたし、また泣きそうになっている子供がいたり危ないポイントがあったりすると素晴らしいタイミングで声掛けしており、これは支援職を目指す上で大いに「盗みたい」と思いました。
自分の限界に挑戦し、乗り越えた経験が私には不足しているので、これからまた挑戦していきたいと思いますemoji
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[06/12 ライフ盛岡@ササキ]
[06/10 さなゆぅ@ハーモニー中野]
[03/27 夕涼み]
[03/14 夕涼み]
[03/11 夕涼み]
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R

Copyright©アイエスエフネットライフ スタッフブログ:All rights reserved
Template Design by Rinmaru

忍者ブログ [PR]